無農薬無化学肥料の野菜に関しまして

自身は怠慢の範囲内で農業をしています。俗にいうウィークエンドファーマーと呼ぶべきか?とっくにかれこれ5うち眼差しに向かえます。農薬や化学肥料を使わず、ナチュラル農法で野菜を作りあげてますが、いよいよ進行は大変です。虫取り入れや雑草除外など、農薬や化学肥料を入れて作物を建てるほうが簡単ではないかと想うほど、ナチュラル農法は複雑が掛るのです。但し、安全で安心した野菜を調べるにはこれしかないと思うのです。無農薬無化学肥料の野菜を口にしたことがない人は分かりませんが、味わいは抜群。どなたが味わってもナチュラル農法の野菜の味わいは分かります。どの野菜も甘味を持てるでしょう。ニンジンが嫌いな子がいてもナチュラル農法の野菜なら食べることができるでしょう。自分で食して気付いたのですが、農薬や化学肥料の入った野菜と入ってない野菜って思考が特にうなずけるのはホウレンソウだ。ナチュラル農法のホウレンソウは手緩いです。反対に農薬科学肥料の入ったホウレンソウは苦く感じます。強者でなくてもひたすら極めるので、機会があれば試してほしいです。http://プエラリア.shop/

集団いじめされた

日本の田舍村で集団いじめされた子供の親が
相次いでたまらなさを選択した悲劇的な事件が発生した。

17日、日本ポストセブンニュースは日本桧木県私奴の時にある
小学校で一人ぼっちにあった子供の親が相次いで自殺した事件を報道した。

去る4月。 全校生が 70名の小学校で子供が同じクラス子供達から
集団いじめされると被害者親 Aさんは加害子供親に集団村八分を止めてくれと言った。

親として子が心配になった Aさん。
しかし集団村八分は子供から親につながった。

加害子供親は集団村八分と関係なかった母親逹まで動員して被害者ママを弾き出し始めたし、
つらさと希望を失った Aさんは結局死を選択した。

隣近住民は Aさんが首を結んで死んだことを娘が見つけたと
子供は救急車が遠い所まで出て泣きながら (救急車を)待ったと当時を説明した。

子供は ママが。. ママが。.と言いながら言葉を忘れることができずに泣いてばかりした”と言う。

4月 16日。 そのように集団いじめされた Aさんは病院で急に移されたが結局死を迎えた。

早めに手を打って下さい↓
http://xn--eckxb7gm35pk06a.xyz/

普段親しみがあった Bさんは残された子供が可哀相なの 私が Aを守ってくれると言いながら
告別式で故人に送る最後の手紙を読んだ。

加害者は反省しただろうか。